2017年08月05日

EVか

IMG_20170805_082059.jpg

こんばんは。スタンモアーのOです。
今朝の新聞を見て、世の中が急激にEVにシフトしていることを感じました。
先日、ボルボが将来的に全EVモデルとするという発表をしていましたが、イギリスとフランスで20年後にはガソリンとディーゼル車が無くなるのはちょっと衝撃的です。
欧州右え習えで日本も何かしらの取り決めが行われるのか、もしもそれが無くても、輸出の事を考えたら今後は自動車メーカーのかなりのモデルがEV化されるのではないでしょうか。

個人的にはその頃も古臭いレシプロエンジンのミニをピッカピカに磨いて、高価なハイオクガソリン入れて乗っているつもりではありますが・・・
まぁ世の中の流れはしょうがないとして、新発売の全車種がEVになっても車として楽しくセクシーなモデルを忘れないで作ってくださいね!
あと、古い車を目の敵にするような税の取り方はやめてくださいね〜w

と、思ったりして。
あくまでも個人の感想です。





さて、今日のRUIZAP
IMG_20170805_171903.jpg

ほぼガランドウになった車内から、リアポケット内の防振材をそぎ落としました。
左右あわせて2枚なので大して重くありませんが・・・





IMG_20170805_171914.jpg

うう〜む。749gってとこでしょうか。
本日までの累計8.62s+0.75=9.37s
塵も積もれば山となる。目標まであと630gに迫りました!!
よし。





IMG_20170805_184726.jpg

と、いってもまた例によって剥がした後の粘着質なヤツが残りました。
これさえなければね・・・

にほんブログ村
posted by すたんもあー at 21:31| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

クーラートラブル

2.jpg

今年は早くから暑くなったせいか、クーラー関係の修理でご来店される方が多いです。
写真のクーラーコンデンサをはじめ、サーミスタ、ガス不足などトラブルにはいくつかの主要な原因があります。
Oリング不良や亀裂からのガス漏れは、漏れの場所の特定や修理にそこそこの時間と費用がかかりますが、風が出ない、スイッチを入れてもカチッと言わない、逆にエンジンルームからカチカチ音がして効かない、アイドリングが著しく不安定になるといった症状でしたら部品交換ですぐ良くなる可能性があります。
あ、クーラーつけるとベルトがキュルキュル鳴くのも調整や交換が必要ですから、専門店で診てもらってくださいね。
暑い夏を乗り切るために、修理はお早めにどうぞ!



ところで、ミニオーナー様の中には「ミニはクーラーつけずに乗るのが王道」と言って汗だくで運転している方もいらっしゃいますが、おそらくそれは1000ccの頃の伝説ではないかと思います。
確かにキャブ&非力な1000ccの頃は、クーラーをつけると思いっきりパワーを食われるし、アイドルアップのアクチュエーターは壊れるし、ついてもそんなに涼しくないし、車内が涼しくなる前にあっという間に水温上昇!
どうせ使えないなら取ってしまえ〜!!!
なんて事もありました・・・

でも、現在大半の方が乗っている1300インジェクションモデルなら、大渋滞でもない限りクーラーをつけて快適にドライブ出来ますよ!健康なミニであれば。
クーラーも後期になるほど改善されて、エアバッグモデルなら寒いくらい効くはず。
逆にインジェクションになりたての、コンデンサが前に付いているタイプはちょっと注意が必要かも。
でも、熱中症にならないためにもクーラーが付いているミニなら、1000でも1.3iでも、無理をしないでつけてくださいね!
人間がコワレてしまったら元も子もないですから・・・



クーラーの注意点は、さっきまで涼しかった風が、急にぬるくなった場合・・・
車がオーバーヒートしたり、クーラーガスの内圧が異常上昇すると自動的に切れるように出来てます。
走行中にクーラーが突然効かなくなったときは、水温計を見てくださいね。
もしも針が中央より上にあがっていたら、無理せずミニを休ませてあげてください。
緊急的に水温をぐんぐん下げたい場合は、ヒーター全開にすれば徐々に水温計の針も下がってくるはず。
その時は、出来たら人は降りていた方がイイです。渋滞中にやると地獄を見ますw

オーバーヒート状態で走り続けると、エンジンに重大なダメージを与えますので、くれぐれもミニを無理させるのだけはお控えくださいね。
お盆のお出かけ前に、クーラントの量確認はもちろん、日常点検もお忘れなく!


にほんブログ村

posted by すたんもあー at 22:09| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

今日のRUIZAP

IMG_20170731_162338_resized_20170731_085732006.jpg

内装ダイエットのU様ミニ。
剥がしたルーフに、ぜい肉発見!
しかし、この自由な張り方は何なんでしょうか・・・
イギリス流のおおらかさという事にしておきましょう。
防振材の素材はアンダーコートと同じ。これもダイエットしましょ。





IMG_20170731_205355_resized_20170731_085731834.jpg

4枚剥がせば、意外と重い。
これは期待値大です!





IMG_20170731_205409_resized_20170731_085731666.jpg

うーむ、1.29s
まずまずですかね。
リアドアポケット左右に1枚ずつありますので、そちらも取ります。
あと、アレもありましたね。上の写真に写ってるやつ。
かなり軽いと思いますが・・・

本日までの合計8.62s
目標まであと1.38s!!

にほんブログ村
posted by すたんもあー at 21:16| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

自走・・・w

DSC_0227.JPG

数日前の話ですが、九州からの帰り道にY様にお立ち寄り頂きました。
ええ、ミニで九州からの帰り道ですw
途中で三重県に1泊したとの事ですが、お店の前でドアを開けた第一声は・・・

水くださ〜い!

でしたw
クーラー無しの車内温度はご想像にお任せいたします。

お疲れのところ、わざわざお立ち寄り頂いてすみません^^





DSC_0225.JPG

パワーアップして戻ってきたエンジンは、ステキなオーラを醸し出しておりました。
速い車はみんな、エンジンルームも美しい。
じっくり見ると、いろいろな事をやってるのが分かると思います。
見えないところはもっとヤッてますw

さーて、筑波でどんな活躍をしてくれるのか今から楽しみです♪





IMG_20170730_215321.jpg

お土産まで頂いちゃいました。
正直、めっちゃめちゃ疲れているところだと思いますが、お気遣い頂いてありがとうございます。
筑波の目標タイム、達成できると信じていますよ♪





おま毛
DSC_0253.JPG

昨日、今日と掃除してダイエットミニのルーフはここまで綺麗になりました。
あとは天井に張り付いた、この毛と防振シートを取り除けばおしまいです。
シート、ビタビタに張り付いてますケド・・・


にほんブログ村
posted by すたんもあー at 22:13| 東京 ☁ | TrackBack(0) | サーキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

RUIZAP

IMG_20170729_145454.jpg

サーキット走行の為、U様ミニの内装をダイエットします♪
せっかくやるなら、10s位は減量したい所です。
しかし、既にカーペットや防音材、アンダーコートを剥がしている車輌。
あとそぎ落とせるところといえば・・・

まずはドアトリム4枚、ドアポケット、リアポケットのカバー(97〜のみ)を取り外しました。
特にドアトリムは意外と重いので期待は膨らみます。




IMG_20170729_145508.jpg

おっ!
5.41s♪
予想以上に重いですね〜。
取外しも比較的簡単だし、軽量化にはもってこいですなぁ。





IMG_20170729_145632.jpg

そしてお次は・・・
ルーフライナー&防音材
正直、真夏の炎天下で取るのはとっても大変でした。
オーナー様にはマイナス面も含めて色々とご説明は差し上げたのですが、どうしても取ってくれとおっしゃるので取りました。
こちらは・・・軽ぅ!

予想以上に軽いのです。
なんだかとっても嫌な予感がw





IMG_20170729_145640.jpg

うぁっ、まさかの1.92s!!
正直言って費用対効果というか、疲労対効果がめっちゃ低いです。
いくら車体上部の重軽減、マスの集中って言ってもこれではね・・・
約2キロ軽くなった代償は、
1 夏の直射日光で脳天があっつアツ。
2 雨が降ったら鉄板ダイレクトでとってもウルサイ
そして・・・





IMG_20170728_181106.jpg

ポロポロでベトベトなスポンジ粉が大量に降って来るんです。
正直、こいつの処理が一番やっかい。
いやいや、これでお客様がタイムアップすると信じて頑張って掃除しまっす!
ね、U様♪

さて、今までの合計で7.33s。
あと2.67sどこから削り取りましょうか・・・
恐らくカーステレオ、リアのスピーカーボード、そしてスピーカー2個取ればちょうど良いくらいかと。
タイムを削るためなら音楽なんて要りませんよね?
ね??

にほんブログ村
posted by すたんもあー at 16:53| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

Mk1のブーツ交換

DSC_0197.JPG

T様の車輌から、ゴッソリと取り外されたドライブシャフト廻り。
賢明な方は、何か違うとお気づきのはず。
そう、これはMk1の足なんです。
車検整備一式とアウターブーツの交換をご依頼いただきました。
久しぶりにMk1を整備するので、まずは脳みそをフル回転させてから、作業に取り掛かりますw





DSC_0196.JPG

まさか…当時モノってことはあり得ませんが、ずいぶん長期間交換していなかったようで、各部の固着具合がものすごかったです。
そして、部品掃除は分厚く堆積した乾いた油汚れに手を焼きました…
しかし、汚れていれば汚れている程、キレイになった時のカイカンは、ひとしおです。
こちらは破れてない方のブーツですが、ヒビだらけで爆発するのも時間の問題です。
T様と相談して、こちらも交換することになりました。





新しいブーツを付けて…
いきなりですが、ここでクイズです。

Before
DSC_0204.JPG
After
DSC_0207.JPG

同じ経験をされた事がある方には分かると思いますが、
さて、どこが変わっているのでしょうか?





答えは・・・





外側のブーツバンドです。
ディスクブレーキに使用していたカシメタイプですと、カシメた部分がどうしてもスイベルハブの内側に当たってしまいます。
かと言ってカシメを潰すと形状が変形するのでNG。





DSC_0198.JPG

元々は針金で留めてありましたが、まさか2017年に取り換えて針金ってわけにもいきませんよねw





DSC_0207.JPG

そこで、薄型のステンレスバンドに変更しました。





DSC_0195.JPG

お次はボールジョイントブーツ。
ひび割れて、無残な形になってしまっています。





DSC_0215.JPG

ここはナックルジョイントにも使用している日本製のダストブーツを使用します。
形状は若干違いますが、現在用意できる中で抜群の耐久性を誇るこの日本製ブーツなら、長期間グリスを保持して大切なボールジョイントをしっかりと守ってくれます。





DSC_0217.JPG

余分なところは切断すれば、しっぽりとジャストフィットUSA!
オリジナルにこだわる事も大切ですが、適材適所、時には性能で選んでみるのも良いですよね。





DSC_0213.JPG

さて、すっかりブーツ類が新しくなりましたが、今回どうしても交換できなかったのがこちら。
インナーブーツです。
国内はもとより各国探しましたが、すぐに手に入る新品が見つからず、
×ってどんな意味なんだろうと考えるも、もちろん分からず、
幸い、ひび割れも無く、綺麗に外せましたのでこちらは清掃して再使用しました。
今後、こういった部品は見つけたら即買いかもしれません。
弊社でも消耗部品を在庫するようにしておりますが、今回は力及ばずでした。
ひとまず、ブーツ交換は終了です。





DSC_0203.JPG

次はエンジンオイル交換です。





DSC_0202.JPG

オートマが同じように、中身のフィルターを交換する仕組みになっております。
オートマとマニュアルで違うのはマウントする方向ですが、マニュアルは縦にマウントされているので、
何度取り付けてもOリングが落ちます…涙。
弊社では、T様以外にはいらっしゃらないので、慣れたくともこの作業は慣れません。
悪戦苦闘のうえ、なんとか装着できましたが、前回に交換したOリングの押され具合も確認でき、
不具合がなかったのが、嬉しいです。





DSC_0219.JPG

前回はCASTROL CLASSIC XL 20W-50でしたが、今回はOMEGA G1 15W-50で交換しました。
交換後の走行フィールも良好で、きっと喜んでいただけると思います。





DSC_0224.JPG

Mk1、少しずつ手間暇かけてコンディションを整えています。
半世紀前の車が、今も走っているなんてステキですよね。
維持をされるのはとても大変だと思いますが、そんなことを微塵も感じさせずに優雅に乗りこなすT様。
微力ながら、今後も整備ができればと思います♪

ありがとうございました。


にほんブログ村
posted by すたんもあー at 19:53| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする