2014年01月16日

サビ実験 その後。

4.jpg

何だかモノスゴイ事になっていたので、ご報告します。
先日、掃除をしていた際に異様な物体を発見しました。
パンパンに膨らんだペットボトルの黒い液体…
のみ残しのコーラ?うーむ何だろ??

あ!

これ、数年前にワコーズさんと実験したクーラントブースターの実験ボトルでした。





2.jpg

実験内容は、ボトルを2つ用意して一つは水道水、もう一つは水道水にチョコッとクーラントブースターを入れて、釘がどれだけ錆びるか検証するって事でした。
たった数日で、水道水の釘は赤錆が浮き出て、クーラントブースターは新品って事で実験は終わったはずでしたが、ずっとずっと4〜5年放置プレイされておりましたw




3.jpg

原型もなくなってしまった水道水のボトルも衝撃的でしたが、驚くべきはコチラ。
確か数%添加しただけなのに、クーラントブースター入りの方の釘はこの状態♪
ほぼ新品の輝きを保ってます!!!
凄い、凄すぎますよ!!!!!

実際にはクーラントにも防錆剤が添加されているから、水だけの物とは違うんでしょうけど、この保存状態は賞賛に値するのではないでしょうか?

クーラントブースターは、古くなったクーラントの性能復活剤。
長期間使用で低下したクーラントの防錆、防食、消泡性能を復活します。
サーモスタット交換の際に、シリンダーヘッドのウォーターラインを覗いてみると、殆どのヘッドは鍾乳洞状態になっています。
この鍾乳洞を取り除く事は出来ませんが、更なるサビを防止する効果は明らかですよね。

殆どのクーラントは、2年を過ぎると急激に劣化が進んでしまいます。
色や匂いに変化が無くても、性能は確実に急降下してしまうんです。
そんな時にこれ1本で、性能を回復する事が出来るという便利な商品。

え?クーラントが茶色で臭い…
その場合は申し訳ございませんが、交換してください。
茶色って事は、この水のボトルのようにウォータージャケットがどんどん錆びていますから、詰まってしまう前にお早めに!
交換後は、定期的に点検して2年過ぎたらクーラントブースターを入れるのがお勧め。
もちろん全量交換もいいですが、クーラントは廃棄方法が厳密に定められておりますから、気をつけて下さいね。

少なくなったクーラントの補充用にもピッタリです。
WAKO'S クーラントブースター 1,680円 ←通販も可能です!ご注文はクリックしてください。


さて、個人的に非常に興味がある「水」ボトルの中身の臭いですが…
蓋を開けたら間違えなく噴出すくらいにパンパンで怖くて開けられません!
このまま破裂するまで時限爆弾を抱えて仕事をするのか、それとも勇気を持って開けて見るのか。

スタンモアーでは、4〜5年物の長期熟成サビ汁の臭いを嗅いでみたい勇気のある方募集中ですw



にほんブログ村


posted by すたんもあー at 20:13| 東京 ☀ | TrackBack(0) | こだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

4輪アライメント

4.jpg

足回りの仕上げに、4輪アライメントをとりました。
前後左右のタイヤを正確に調整する事によって、安定した直進性と、ハンドリングの味付け、タイヤの片減りを軽減するのが狙い。




androidapp/347381307262159041270609131.png

先ずは、レーザーでホイールの正確な位置を測定します。
これで、四つのホイールのトー、キャンバー、キャスター、ホイールベースが割り出されます。
当然ながら、無調整の足はバラバラ。
ここから永い調整が始まります…





3.jpg

セットアップから約3時間、ようやく四輪すべての調整が完了しました。
うーん、バッチリ決まりましたよ。




2.jpg

今回は、ミニでは滅多に無いくらいに左右が揃いました♪
ミニの場合、個体差によって思った数値まで物理的に動かせなかったり、部品精度の問題で調整が非常に困難な場合があります。
T様の場合はパーツを全て新調&スタンモアーで選ばせて頂いたので、スムーズに作業が出来ました。
明日の納車が楽しみです^^
posted by すたんもあー at 18:42| 東京 ☀ | TrackBack(0) | こだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

ロッカーカバーからのオイル滲みに効く! 〜コルクの真実〜

8.jpg

ボンネットを開けるのは、ミニ乗りの習性?とは言わずとも、他の車種に比べてオーナー様がエンジンルームを見る機会が多いのは間違えないと思います。
そんな時に気になるのが、エンジン本体の汚れ。
オイルでベトベトだったり、ホコリまみれでは、どんなに外観に気を使っていても、車好きとしてはちょっと寂しいですよね。
そして、汚れたエンジンは、オイル漏れ箇所の特定が難しく、故障を見逃す可能性もあります。

今回は、エンジンの一番上、ロッカーカバーのガスケットをご紹介します。
上の写真の3種類のコルクガスケット、どれもミニ用ですが、なんだかずいぶん違いますね。
ちょっとアップで見てみましょう。



10.jpg

一般的に使用率が多いと思われる製品。
コルクの粒が細かく、ところどころに色の付いたチップも?
そして全体的に黒っぽい。
これは、再生コルクを使用したガスケット。
何と、コルク+砕いたプラスチックで出来ています。
価格は一番リーズナブルですが・・・



9.jpg

昔ながらのコルクガスケット。
コルクの粒が一番大きく、混ぜ物は入っていないようです。
しかし、コルクの量が接着剤によってずいぶん水増しされているみたいw



11.jpg

日本製高品質コルクガスケット。
皆様が思い浮かべる、いわゆる「コルク」とは、こういったものではないでしょうか。
均質に詰まったコルク粒が印象的、そして色もコルク本来の色味です。
他社製品との違いは明らかですね。

で?だから何なの??と思った方、ごもっともです。
混じり物があったって、ガスケットとしての役割が果たせればそれで充分。
それで安けりゃ言う事無しですよね・・・
ね・・・?


7.jpg6.jpg

しかし、こうやって比べてみると、肝心の機密性にも問題がありそうです。
断面の滑らかさが全く違います。

私共は、ガスケットを取り付ける際にヘッド側にこびりついたガスケットを丁寧にスクレーパーでそぎ落とし、接合面が滑らかになるように細心の注意を払います。
ロッカーカバー側もしかり。
でも、肝心のガスケットがこんなにボソボソじゃぁ、いくらヘッドとカバーを綺麗にしたって隙間が出来てしまいます><

日本製品は、断面も平滑で、隣のガスケットよりも密着性に優れているのは明らかです。
混ぜ物が無いので、潰れ方も一定ですから、優れた密閉性を生み出すんです。
古来から優れた素材として使われてきたコルク、日本製ロッカーカバーガスケットはその本来の性能を体感出来る製品です。

何度変えてもロッカーカバーからのオイル漏れが止まらないとお嘆きの方、是非一度、日本製ロッカーカバーガスケットをお試し下さい!



5.jpg

日本製 高品質ロッカーカバー コルクガスケット 1,260円



おっと、これだけじゃぁありません!
ロッカーカバーからのオイル滲みの原因第2位は、ロッカーカバーを留めているボルトに使用されているゴム製ブッシュではないでしょうか。

12.jpg

さて、こちらに2つのロッカーカバーグロメットを用意しました。
どこが違うでしょうか・・・

そう、賢明なブログ読者様ならお気付きのように、厚みが違いますw


15.jpg

こちら、純正相当品。厚みは約9.1mmです。
いつも見慣れた厚さです。



14.jpg

で、こちらが今回ご紹介する肉厚ロッカーカバーグロメット!
厚さ約11.2mmのモッチリとした製品。

このグロメットは、カップワッシャーとロッカーカバーの間に入るラバーブッシュですが、潰れる事によってボルトとロッカーカバーの隙間を埋めて、オイル漏れを防ぎます。
純正品よりも肉厚にした事により、ボルトを締め付ける際にしっかりとつぶれ、ボルト、カップワッシャー、ロッカーカバーを効率的にシールすることが出来ます。

どうしても、ボルト部分からオイル漏れするという方に対策品としてお勧め致します。
より効率的に使用するために、上の日本製高品質コルクガスケットと併せてご使用下さい^^



13.jpg

肉厚ロッカーカバーグロメット 294円(1個)※1台に2個必要となります。


いかがでしたでしょうか。
今漏れていない方も、次回交換の際に是非お試し下さいね♪

■本日のブログ登場商品
日本製高品質 ロッカーカバーコルクガスケット
日本製 肉厚ロッカーカバーグロメット

☆☆☆ ご報告&お願い ☆☆☆
昨日、ブログで皆様にあつかましいお願いをさせて頂きました。
その結果・・・
20位以下だった順位が何と!!!

8位まで上り詰める事が出来ました♪

これもひとえに皆様のご協力のお陰です。
ありがとうございました。
そして・・・
もう数日の間、ご協力をお願い出来ればと思うのですが・・・
みんなの元気玉を1クリックずつ頂いて、オラの小さな夢をかなえさせて下さい m(_ _)m
宜しくお願いします。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村
posted by すたんもあー at 20:48| 東京 ☔ | TrackBack(0) | こだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。