2016年02月25日

古いステンメッシュホースを交換しましょ

DSC_2791.jpg

ブレーキを踏んで生み出した油圧を、ロスを最小限にブレーキシステムに伝えるステンメッシュホース。
カッチリとしたブレーキタッチとコントロール性の良さから、街乗りからサーキットまで全てのユーザー様にお勧めしております。





ところで・・・

DSC_2798.jpg
10年以上前のモデル

DSC_2807.jpg
最新バージョン

同じGOODRIDGEのステンメッシュホースでも、何度かマイナーチェンジを行っていて、改良が繰り返されております。
さて、どこが違うでしょうか?


まず、すぐに気が付くのが10年前はステンメッシュ丸出しで、被覆を付けないと公道走行できませんでした。
写真の例ではスパイラルチューブを被せてあります。
対して最新モデルは透明な被覆であらかじめ覆われておりますので、メッシュ部分が傷つきにくく、尚且つ綺麗が長持ちします。
透明被覆は既に初期のモデルチェンジで採用されていました。
最近一番変わったのが、付け根の部分。
写真は目いっぱいハンドルを切って撮影したのですが、初期モデルではカシメの部分とステンメッシュホースの角度に差が付きすぎて、ごくごく稀ではありますが、メッシュが破れてしまうケースがありました。
最新モデルではフレア状の部品を追加する事により、最大切れ角でも急激にホースが曲がることなく、かつ力が一点に集中しないようになっております。

初期モデルで10年以上交換されていない方は、リフレッシュも兼ねて新型モデルへの交換をお勧め致します。





add_2_1397204726.jpg

シルバー以外もブルー、レッド、ブラックがあるのも嬉しいですよね。
目立つ色でチラ見せも良いですし、ブラックでさりげなく交換するのもいぶし銀。





201411271917020610.jpg

更に拘る方には、ブラックラバーでコーティングしたクラシックモデルもございます。
これならヒストリックモデルにも違和感なく装着できそうですね♪

春のドライブシーズン前に、ブレーキをキメて、楽しく安全にミニを楽しんでくださいね。





DSC_2803.jpg

今日は、お客様がこんなバギーに乗ってきたり・・・





DSC_2810.jpg

お隣さんで新規オープンするアメリカ料理屋さんから、メニュー試食のお誘いを受けたり、慌ただしくも充実した一日でした。

3月7日のスーパーバトルに向けて、まだまだ忙しい日が続きます。
お待たせしておりますお客様、順次作業させて頂いておりますので、今少しお待ちください。


■本日のブログ登場パーツ
GOODRIDGE ステンメッシュブレーキホース ディスク用(シルバー)
GOODRIDGE ステンメッシュブレーキホース ディスク用(ブルー)
GOODRIDGE ステンメッシュブレーキホース ディスク用(レッド)
GOODRIDGE ステンメッシュブレーキホース ディスク用(カーボンブラック)
GOODRIDGE ステンメッシュブレーキホース ディスク用(Classic)


にほんブログ村

posted by すたんもあー at 21:37| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック