2015年03月28日

MI3 イノチェンと煙幕

1.jpg

久しぶりのミッションインポッシブルシリーズ。
今回は、個人売買で購入されたINNOCENTI MINIの修理。
ご存知のとおり、イノチェンはイタリアでのノックダウン生産ミニ。
左ハンドルなのはもちろん、個性的パーツがふんだんに盛り込まれ、イギリスのミニには無い魅力を醸し出しています。
が、細部に渡っても本国ミニとは違うパーツが使用され、部品探しが大変・・・

そんなイノチェンミニのブレーキが全く利かなくなってしまいました。
今回は、主犯格のこのパーツを中心に修理を行ないます。





20.jpg

ブレーキマスターは大きな蓋が特徴。
このマスター、間違えなくデロデロに漏れているのですが・・・
新品が無いんですw
オーバーホールキットはかろうじて見つかった物の、いつ作られた物か判らないので一時的に直ってもすぐに再発のリスクが。
という事で、比較的手に入りやすい本国ミニのタンデムマスターを使用してパイピングをやり直して修理の計画を立てました。
費用が嵩みますが、今後のメンテナンスはオーバーホールやマスター交換等のパーツは入手しやすい。
反面、イノチェンのオリジナル性は失われる。
う〜〜〜む。





3.jpg

着々とイギリス化計画を進めているうちに、とある国にN.O.S.マスターがあることが発覚。
こ、これを手に入れるしかない!
あれやこれやと色々ありましたが、時間をかけて、やっと手に入れることが出来ました。
パイピングをしなおすよりも安く、更にイノチェンティのエンジンルームの景観を替えずにすむので、ほっと一息。
まずは、こちらを交換して・・・
交換といっても、何十年も触られずにいた部品達。
固着なんて当たり前です。
時間ばかりがどんどん過ぎていきます。

ようやくマスター交換が終わり、第一段階完了。
試乗をすると、謎のアイドリング低下が・・・?
ちょっと走ると、やたらアイドリングが低くなるのです。
更にハードブレーキや強烈な横Gを与えていると・・・

???

ミニは、NINJAみたいに突然真っ白い濃厚な煙に包まれました!!!
周りの車もドン引きです。
正直、一般人には燃えたとしか思えないでしょうwww
一番焦っているのは私、ドライバーなんですが。
店に緊急退避〜〜〜っ!





4.jpg

いろいろと実験を繰り返すと、どうやらブレーキサーボの中にフルードが漏れ出して、アイドリングが低下する事がわかりました。
一定の条件が揃うとサーボに溜まったブレーキフルードがバキュームホースからインマニに流れ込んで、燃焼不良からアイドリング低下、もっともっと液が溜まって燃焼室に流れ込むと煙幕攻撃を起こすようです。
サーボ、お前もか!
予想はしていたもののやっぱりコイツも共犯者だったのね。





5.jpg

しかーし、こっちは入荷待ち時間ゼロ。
なぜなら、マスターを手に入れた時点で既にサーボも手配しておいたのです。
無駄にならなくて良かった♪
下の写真資料と見比べても、同じ形だとわかります。
やはり普段よりは交換に時間がかかったものの、ようやく取り付けて、本日試乗に行ってきました。


サクラサク、合格です♪


急ブレーキ、旋回G、全ての挙動で確実なストッピングパワーを齎し、もちろん漏れなし、煙幕なし。
オーナー様のT様にはたくさんのお時間とご心配を頂きましたが、ようやくお引渡しで切る形になりました〜。





6.jpg

さて、修理の間に、オーナー様から頂いたミッションがもうひとつあります。
このオリジナルステアリングを綺麗にしたいとの事。
既にオーナー様によって磨かれているのですが、まだちょっと満足いくレベルとは言い難い状態。
では、ちょっとやってみましょう。





7.jpg

っと、いきなりの難関!
六角であるべき穴が、トルクスみたいになってるw
カッチカチに固着したビスを歴代オーナーが取ろうと努力した結果なんでしょうが、正直、正攻法では取れませんでした。
ドリドリしてクリクリしてようやく摘出完了。





8.jpg

分割できればこっちのもの。
まずはボスの結晶塗装をやり直して・・・





9.jpg

こっちはちょっと悩みました。
参考資料の写真が小さくてココがつるつるのポリッシュだったのか、ヘアラインなのか、はたまたざらざらした半艶消しなのかちょっと判りません。
ツルツルポリッシュにもできますが、全体の肌を残したままの仕上げにしました。
ポリッシュからこれには出来ませんが、ここからポリッシュにやり直す事は出来ますから。




BEFORE
6.jpg


AFTER
10.jpg

こんな感じになりました。





11.jpg

ほーら、こんな所まで資料そっくりでしょw
偶然なのか、イノチェンのステアリングはこうなりやすいのか不明ですが、革巻きまでやり直すとあと数万円かかってしまいますし、同じような革が入手できるかわかりませんから、ここはこのままで。

オーナー様へのお引渡しが楽しみです。
では、また明日〜


にほんブログ村↑ランキング御協力お願いします♪

posted by すたんもあー at 21:43| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック