2013年10月14日

点火系をリフレッシュしましょ!

2.jpg

定番の点火チューンと言えば、点火コイルとプラグコード。
特に経年劣化が激しいプラグコードは、新車から1度は替えられている筈と思います。
しかし、点火コイルが交換されていない車輌も沢山あります。
液漏れなどの視覚的な症状があれば残された寿命は想像が付くのですが、全体が膨らんでいたり、抵抗値が変化している場合はなかなか気付かれにくいんですよね。

コイル交換で弊社がお勧めするのはこの円筒型コイル。
閉磁型の小型高性能コイルが主流の現代に、今更円筒型は無いだろ?とお思いでしょうか。
しかし、一度円筒型の製造を止めたメーカーでさえ、熱狂的なリクエストによって再販を始めております。
クラシックスポーツコイルは、旧車に似合う円筒型、中回転以上のレスポンスにも拘った設計で、ミニを元気に蘇らせてくれます。

96年式以前の純正コイルをお使いの皆様、そろそろコイルの交換をお考え頂いて良い時期に差しかかっているのではないでしょうか?
コイルが突然死する前に、ぜひ!



3.jpg

クラシックスポーツ+レジスターセット 10,500円



4.jpg

クラシックスポーツ オレンジ+レジスターセット 12,075円



5.jpg

コイルで発生した高電圧は、各コードの抵抗値を揃えた高品質なシリコンコードでプラグに伝えましょう♪
ULTRAブルーポイントプラグコード 〜96用 19,425円




6.jpg

97年式以降用もあります。
ULTRAブルーポイントパワープラグコード 97〜用 15,855円
posted by すたんもあー at 21:28| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック