2012年06月12日

個性があるパーツ

el-053lucas.jpg

機械部品は不思議な物で、数値やスペックでは計り知れない個性を持つものが数多く存在します。
イグニッションコイルもその一つではないでしょうか。
こちらはルーカスのゴールドコイル。
古くからミニの定番であり、点火系の第一歩として一度は取り付けたことがある方も多いはず。
性能もさることながら、カラフルなコイルはエンジンルーム内の存在感もバツグンです。


el004-zcoil1.jpg

時代は流れ、旧来の円筒型(開磁型)コイルから、現在主流は閉磁型コイル、いや、ミニ以外ではコイルはもうスパークプラグの真上の小さな部品になってダイレクトイグニッション化されています。
写真はミニに取り付けられる(〜96デスビありまで)最も小さなコイルの一つです。
こんなに小さくても1:100の昇圧比を誇り、小型軽量ですがノーマルとは比較にならない高性能を発揮します。


CL-S2.jpg

コイルには個性があると言う人も居ます。
円筒形コイルマニアの間では、ワコーのオレンジコイルが幻の名作といわれ、弊社が発売していた黄色いレーザービームコイルも未だに問合せがある程の根強い人気があるんです。

アルドン、ルーメニション、ルーカス、MSDなど、海外製の製品もファンが多いですが、不思議とワコーテクニカルのコイルはそれぞれに個性があり、シルバー、ゴールド、ブルー、オレンジ、それぞれに違った性格を持っていて、一世を風靡したものでした。

画像は2年ほど前に密かに発売されたワコー クラシックスポーツ。
あの幻のオレンジコイルが再販か!?と思ったのですが、全くの新設計。
オレンジ色のコイルは、ブラックの限定色バージョンということでした。
ただし、中〜高回転のレスポンス向上を設計に盛り込んであると言うのはオレンジコイルの流れを汲む改良型と言えると思います。

皆様も古くなったイグニッションコイルを取り替えて、それぞれの違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。
クラシックスポーツ オレンジ レジスター付 12,075円
クラシックスポーツ レジスター付 10,500円
SUPER Z COIL 12,600円
SUPER Z COIL C-100GT 11,550円
LUCAS GOLD COIL 5,040円
ALDON FLAME THROWER COIL 12,558円
FLAME THROWER COIL エポキシ 14,385円
posted by すたんもあー at 22:37| 東京 ☔ | TrackBack(0) | こだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック