2012年03月08日

ルームミラーに拘ってみる

1.jpg

ルームミラーといえば、黒い合成樹脂製で目立つことなく機能のみを追求したパーツです。
ミニに限らず国産車のルームミラーも、なるべく目立たず、ひたすら影の存在に徹する事が多いですよね。

ところが、長い歴史を持つミニには様々なタイプのミラーが存在しています。
普段はひっそりと身を潜めているミラーを交換すれば、インテリアのみならずエクステリアの名脇役として脚光を浴びる存在になること間違えなし。
今日はミラーについて考えてみましょう。



3.jpg

MK1ルームミラー
小ぶりなミラーはホワイトボディのクーパータイプ。
視認性もよく、クラシカルな雰囲気です。
写真のミラーは吸盤からオリジナルのブレ止めに変更されています。
現在は少量ながらリプロダクト品が流通しております。
リプロダクションMK1ルームミラー 9,450円



2.jpg

LUCAS 608ミラー
BMCワークスにも使用されていた人気のミラー
アルミ筐体に6リベット、ブラックリム、繊細な造り込みは当時物ならではのオーラを纏っています。
防眩機能まで付いた高性能さも人気の理由ではないでしょうか。
■LUCAS 608ミラー 非売品



4.jpg

クラシックルームミラー(結晶塗装)
ポリッシュステンレスとメッキアームのスタイルで市販されているミラーを、結晶塗装をしてクラシカル感を出してみました。
ちょっとした工夫でオリジナリティを出せるのも車いじりの楽しさですね。
クラシックルームミラー(205mm)8,400円
クラシックインテリアミラー(155mm) 7,770円
※2点ともメッキ&ポリッシュステンレスです。



5.jpg

レーシングミラー
高さを自由に調節できるレーシングミラーにクラシカルなステンポリッシュのミラーと組合わせて見ました。
あえて付属のミラーを使わず、別の製品と組合わせる事によって上手にオリジナリティを出していますね。



6.jpg

イノチェンティミラー
ご存知イタリアのライセンス生産INNOCENTIミニの純正ミラー。
しっかりとした造りで、純正品とはいえイタリア人のセンスを感じる”形”をしています。
これをさりげなく取り付けるというのはオシャレですよね。
気が付いた人は超マニア。
これを見て声を掛けてくれる方がいたら、1秒で打ち解けられることでしょう。
■イノチェンティミラー 非売品



7.jpg

'97〜 クロームワイドミラー
取り付け方法が違う97年式以降のルームミラーは種類が限られています。
ウインドウ越しに輝くステンレスポリッシュの筐体はクラシカルさを一気にアップ!
エアバック付きミニのミラーに関するフラストレーションを解消できる逸品です。
生産終了品 在庫限り1点
クロームワイドミラー 8,925円


いろいろとご紹介してきましたが、市販品を上手に組合わせたり、当時物に拘ったり、はたまた絶版品からホリダシモノを探して取り付けるなど、それぞれに、それぞれの楽しみ方をしています。
スタンモアーではお客様のオリジナリティを応援します。
お探しのミラー、若しくはこんなミラーが欲しいというご希望がございましたら、お気軽にご相談下さい!
posted by すたんもあー at 19:31| 東京 ☁ | TrackBack(0) | こだわり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック