2011年12月01日

ウィンドウモール

1.jpg

ミニのウィンドウモールに日本製高品質の品物が登場!
断面はかなり角ばっていて、材質の透明感も高いのが特徴。
メーカーでは高耐久性をウリにしております。


15-e5842.jpg

こちらは以前にも紹介した古いウィンドウモールと従来品新品モール。
古いモールは縮んでしまっていて、ポキポキと折れてしまいます。
従来品は丸いアーチですが、材質はやや濁ったクリア色をしております。


2.jpg

従来品のモールはシルバー部分にRが付いているように見えます。
新品時の材質はソフトです。


3.jpg

数年立つとこのような状態に・・・
紫外線や水の影響で中の金属部分と言うよりも、クリア部分が変色するのでこのように見えます。
クリア→黄色にごり→茶→こげ茶→黒
茶色に変色している物は、かなり硬化して、取り外す際に折れてしまう物も多いです。


4.jpg

こちらが新製品の高品質ウィンドウモール。
実際のクリア部分のRは従来品よりもきついのですが、材質のクリアさと屈折率のせいか、一見フラットでやや太いモールに見えます。
透明度が高いので、とても輝いているように見えます。
フロント/リア用の製品があり、カット済みです。
実際には少し余るので、切れ端を曲げ伸ばししてみましたが、殆どシワがよることもありません。
屋外に放置して耐久性を調べている最中です。
結果が出ましたら、ブログでご報告いたします。
posted by すたんもあー at 19:53| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック