2011年09月15日

ショック選び

rn009-spax1.jpg
定番のSPAX。既にお使いの方で、ダイヤルが無限大に回ってしまう症状が出ているのであれば取替え時です。



■皆様のミニには、どんなショックアブソーバーが装着されていますか?
純正、社外品に限らず、フワフワといつまでも挙動が収まらなかったり、キコキコと異音がしたり、ショックからのオイル漏れなどがあった場合は、交換のサイン。
特に熱を受ける左フロントサスペンションは痛みやすいからご用心。
足元をリフレッシュすれば、キビキビとしたミニ本来の動きが蘇ります。
今日はちょっとショックについて考えてみましょう。

まずは純正ショックアブソーバー(GSA71541/GSA71542)
基本中の基本。何せ純正ですからどんなミニにも、最初はこれが装着されていました。
しかし、手で押して簡単に伸び縮みしてしまいます。殆ど付いていないのと一緒?
1台分で37,170円 純正に拘る方、純正ならではの信頼性を求める方に。


rn353-monroe1.jpg

普通に乗るだけだから、高価なスポーツショックは要らないという方にはMONROE(アメリカ)はいかがでしょうか。
純正品を買うよりもお徳な35,700円。
しかもメーカーのエンジニアとプロドライバーによって純正ミニ用のセッティング済み。
ミニ本来の乗り心地が蘇ります。


rn352-kyb1.jpg

ミニの定番↑SPAXからのステップアップにKYB(日本)はいかがでしょうか。
カヤバと言えば誰でも知っている国内トップブランド、ダイヤル調整式なので、セッティングも自由自在。
国産クオリティの信頼性と耐久性がウリです。
走行会、ジムカーナ、サーキットでも大変定評のあるKYB、日本を元気にする為にもお勧めします。
※ダイヤルが大きいので注意。

rn007-protech3.jpg

私も使っているPROTECH(イギリス)。
このショックのウリはとにかく軽量!
アロイショックは各メーカーから出ておりますが、中でも1、2を争う最軽量級!しかも安い^^(アロイショックとしては)
12段階の調整ダイヤルで全体的に固めですが、サーキットではしなやかで車高を落としても良く働いてくれます。


rn005-bil1.jpg

誰もが知っているサスペンションメーカーと言えばBILSTEIN(ドイツ)
モータースポーツでの活躍、世界中の自動車メーカーでのスポーツグレードへの採用など世界のトップブランドとして名を馳せるビルシュタイン製のミニ用ショックアブソーバー。
トップメーカーのエンジニアの手により、純正ミニ用にセッティングされたガスショックです。
街乗りからサーキット走行まで、全てのシーンでビルシュタインの洗練された乗り心地を味わえる逸品です。
交換して誰もが乗り心地にご満足いただける、弊社でのイチオシ商品です。

■この他にも、スポーツパックに純正採用されている定番KONI(オランダ)やコストパフォーマンスが良い高品質なGAZ(イギリス)等、ミニには数多くのショックが出揃っております。
あれこれ悩んだら、お気軽にご相談下さい^^


■さて、ここから先は憧れの領域。こんなショックアブソーバーはいかがでしょう?

rn357-aragosta.jpg

筑波で1’06”を叩き出したレーシングミニと同じセッティングが施されたARAGOSTA(オランダ)。
価格はなんと257,250円!ちょっと驚きですが、ミニ以外の車種だったら標準価格ですよね。
これを取り付けたからって、同じタイムが出る訳ありませんが・・・レースをしている方はこのセッティングから味付けするのも面白いかも。


rn004-ohlins3.jpg

最後はオーリンズ(スウェーデン)
残念ながらローバーミニ用ショックは終売となってしまいましたので、買いたくても買えません。
しかし、オーバーホールや再セッティングは現在でも受け付けておりますので、持っている方はラッキーです。


■ショック特集は如何でしたでしょうか?
イギリス、ドイツ、アメリカ、オランダ、スウェーデン、日本・・・簡単に挙げただけで様々な国からリリースされています。ショックを変えて国による違いを楽しむのも良いかも知れませんね。
パーツについて気になることがあればリクエストして下さい。
また特集してみたいと思います♪
posted by すたんもあー at 21:12| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック