2010年10月25日

困ったリザーバータンクにさようなら

1.jpg

MPIモデルのトラブルと言われてまず思い浮かぶのが、クーラントリザーバータンクの変形、漏れ、ひび割れです。
フロントラジエターに変更されたのは良い事だと思いますが、純正リザーバータンクにはいつも悩まされます。
新品と交換しても、1年も経つと角が丸みを帯びてきたりキャップ周辺が盛り上がって来てキャップからクーラント漏れを起こしたり…
そして2〜5年でひび割れ、破損がよくある故障例。
設計ミスとしか思えないマイナートラブルだと思います。

そこで、アルミ製のリザーバータンクを用意しました。
今回は弊社でのお取付第1号なので、特別に結晶塗装を施してみました。
取り付け後の様子とレポートは追って掲載させていただきます。
お楽しみに!
posted by すたんもあー at 20:28| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック