2018年01月30日

負の連鎖を止めてくれ〜

IMG_20180130_155922_resized_20180130_050459646.jpg

うわ、触媒やらサブタイコやらズリズリしてる。
ミニによくある光景。





IMG_20180130_155909_resized_20180130_050459822.jpg

おっと、これまた派手に引っかかりましたな。
その衝撃で排気漏れしてしまったのか、ただ単に錆で取れたのか。
いずれにせよ、臭いしうるさいし、走行中にリアタイコがちぎれて落ちたら大惨事になりますので・・・





IMG_20180130_204111_resized_20180130_084541082.jpg

ええ〜っ、ダウンパイプも?
変な角度になって見えますが、蛇腹部分が分離していて、もげる寸前。
更にもっと上の方も排気漏れしてます。
何度も下廻りを打ってるみたいなので、相当なストレスがかかったのではないでしょうか。
しかしなんでこんなに車高低いの?
オーナー様が望んでシャコタンにしてる場合は、車高低い意識があるのでココまで打ち付ける方は少ないのです。





IMG_20180130_160021_resized_20180130_050459443.jpg

答えはこちら。
フロントはハイローキットが入っていましたが、リアは純正コーンストラットに潰れたラバコン。
これじゃ車高が低いはずですね。
ちゃんと持ち上げてあげて、下廻りがぶつからないようにしてあげましょう。

最低地上高不足からの負のスパイラルでした。
被害は思ったよりも甚大です。
人それぞれ使用環境が違いますから、何センチが良いとか言いませんが、せめてマフラーガリガリいわない位の車高は確保してあげたいものです。
おなかズリズリだとミニがかわいそうですよ〜


にほんブログ村


posted by すたんもあー at 23:32| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

NEW YEAR MEETINGに行ってきました。

IMG_20180128_061051_resized_20180128_060139238.jpg

まだ夜も明けきらぬ早朝、身を切るような寒さの中、一路南へ!
日産スタジアムを目指します。







常連のお客様2台と一緒に向かう横浜。
朝日を浴びながら疾走するミニはカッコイイ!
夜が明けた頃に会場到着です。




DSC_2482.jpg

今年は参加車輌はスタジアムの下にまとまって駐車することになりました。
光と影、昼と夜が混在する駐車ゾーンは、屋外とはまた違った雰囲気でこれはまた良いのではないでしょうか。





DSC_2479.jpg
一人で出店していましたので、皆様のミニを見る事は出来ませんでしたが、あの無機質な空間をバックに、ミニの良い写真が撮れたんじゃないかと思うと、駐車場に足を運べなくてちょっと悔しいです。





DSC_2480.jpg

プロ、アマチュア含め、たくさんのブースが出店していました。
掘り出し物や手作り品、中古部品などいろいろ。
フリマ感覚が楽しいですね。





DSC_2472.jpg

看板なしだったけど、たくさんのお客様にご来店頂きました。
そして、常連のお客様、いつも手伝って頂きましてありがとうございます!





DSC_2477.jpg

久しぶりの雪景色の会場。
日差しも無く、例年通り寒い一日でした。
ま、これも恒例ってことで。





DSC_2478.jpg

今年も沢山の方にお会いでき、また、多くのお客様にお買い上げいただきました。
来年と再来年はラグビーやオリンピックの関係で日産スタジアムは難しいそうですが、新年のイベントが無くなってしまうと寂しいです。
ガレージモーリス様はじめスタッフの方には、いつも楽しいイベントの為にご尽力いただきましてありがとうございます。

また来年も開催されたら嬉しいな・・・
にほんブログ村
posted by すたんもあー at 13:10| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

オーバーホールで新品性能♪

DSC_2694.jpg

レースのオフシーズンに、ショックアブソーバーのオーバーホールをご依頼頂きました。

長年研究して育てた足も、各部のブッシュやショックのヘタリによって当初のセッティングからずれていってしまう。これって悲しい事ですが、経年劣化はどんな高価なモノでも進んでしまうもの。
かと言って数年ごとに新しいショックアブソーバーにするのは出費も大変。
というか、全く同じショックアブソーバーはもう売っていないかもしれません・・・





DSC_2701.jpg
弊社で販売させて頂いておりましたW.F.O.のショックアブソーバーは国内有名メーカーでオーバーホール可能です。
気に入った物を長く使いたい。そういったニーズにお応えできます。
ガンガン使ってくたびれたらオーバーホールしてリフレッシュ!
ずっと同じセットで走れるって安心ですよね。





DSC_2703.jpg

気になるオーバーホールの内容は、シリンダー内の部品やオイル、ガスの入れ替えはもちろん、ロッドや圧入されてるブッシュも交換できます。
W.F.O.飛脚スペックをレースにお使いになられているY様は、今回、シリンダーの中の部品とロッド、ブッシュをリフレッシュしました。
こうやって見ても、ほぼ新品に戻ってるw

3月からの新シーズンも、去年の足のセッティングをそのまま生かせるので、マシンはさらに熟成していく。
レースで勝つため、楽しく走るため、人それぞれですが、モータースポーツをされている方にはぴったりの製品です。





DSC_2710.jpg

もちろん、大抵のミニ乗りの方は街乗りでミニをご使用の事と思います。
サーキットなどに比べると圧倒的に負担は少ないですが、やはり街乗りでもショックはヘタってきます。
減衰力が狂ったり、液漏れ、異音等気になる症状がある場合は、オーバーホールすれば新しいショックを買うよりリーズナブルで高性能がまた戻ってきます。

以前ご購入して頂いたW.F.O.のネコアシや飛脚ダンパーをお使いの皆様、買い替えをお考えの前に、まずはオーバーホールでご相談下さい!


にほんブログ村
posted by すたんもあー at 16:48| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。